日本海イカメタルスッテでのマイカ釣り

1502001595284

  今回は日本海の若狭大島の遊漁船モラモラⅡでイカメタルスッテを使っての

マイカ釣りに行って来ました。ここ最近全体的に釣果が落ちてるとこなので

船頭さんも出船前はかなり厳しい釣りになりそうと心配してました(;´・ω・)

出船時は波とうねりはあまりなかったが東からの風がキツかった。この風では

釣りにくいな~と思ってましたが船頭さんは上手く風裏のポイントを見つけて

くれて釣りにくさは解消されました(^^)/ポイントに着いた時はまだ明るかった

のでゆっくり準備できた。

今回のメインタックルは竿はダイワ エメラルダスMX610LB-IMです。

スッテはダイワ イカメタルスッテ45g「大盛」と56g 、ダイワ イカメタルスッテTGの

45gと56gを使用。最初は状況がわからないので56gを使い底までキッチリ落としてマイカが

どこでヒットするか丁寧に探ります。30分位はまだ明るいせいか反応がなかったが薄暗くなって

きたくらいにいきなり竿が弧を描いた(;゚Д゚)!上がってきたのは胴長50㎝近い大型のマイカでした。

1502001569375

56gのメタルスッテが可愛らしく見えます(;゚Д゚)ここ最近あまり釣れてないと言われてたから

あまり期待してなかっただけに余計驚いた!!ここから胴長40㎝オ-バ-が連発した。

それからは適度に釣れては少し沈黙しての繰り返しでした。サイズも大小入り混じって釣れる

感じです。

15020015952841502001664902

調子がいい時はダブルヒットも結構ありました。この日は派手目のスッテに反応が

いいみたい(^▽^)毎回同じパターンで釣れることは滅多にないのでスッテのカラ-は

何色か用意してた方がいいと思います。

15020016142941502001640456

こんな感じでパラパラ釣れて悪いと言われてた割には40パイ近く釣れて、その内約半分くらい

が胴長40㎝オ-バ-やったので釣果としては大満足でした( ^ω^ )

厳しいと言われてても今回みたいにいい日もあるのでまずは行ってみるのが他から聞くより

確実です。マイカはまだ釣れるので1回行ってあまりよくなかった人も頑張ってチャレンジ

してみて下さい。

Share on Google+

関連記事

2018年シモツケ鮎新製品情報

  • 2018-1-4
  • 2018年シモツケ鮎新製品情報 はコメントを受け付けていません。
20171204_154813-225x300

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

シモツケの鮎の2018年新製品の情報が入りましたのでいち早く少しお伝えします(^O^)/

これから紹介する商品はあくまで今現在の形であって発売時は若干の変更がある

場合もあるのでご了承ください<(_ _)>

まず最初にお見せするのは鮎タビです。

20171204_155154

これはメジャーブラッドのタイプです。ゴールドとブラックの組み合わせがいい感じデス。

こちらは多分ソールはピンフェルトになると思います。

20171204_155144

タビの内側ですが、ネオプレーンの生地だけでなく別に柔らかい素材の生地を縫い合わして

ます。この生地のおかげで脱ぎ履きがスムーズになりそうです。

20171204_155205

こちらはネオブラッドタイプになります。シルバーとブラックの組み合わせデス

こちらのソールはフェルトです。

次に鮎タイツです。

20171204_15491220171204_154945

こちらはメジャーブラッドタイプになります。ブラックとゴールドの組み合わせです。

ゴールドの部分が発売時はもう少し明るくなる予定みたいです。

今回の変更点はひざ周りとひざの裏側のです。

鮎釣りにおいてよく擦れる部分をパットとネオプレーンでさらに強化されてます。後、足首の

ファスナーが内側になりました。軽くしゃがんでの開閉がスムーズになります。

20171204_15503220171204_155017

こちらはネオブラッドタイプになります。

こちらも足首のファスナーが内側になります。

こちらもひざ周りは強そうです。

次はライトクールシャツです。

20171204_154854

デザインが変更されてます。鮎ベストと合わせるといい感じになりそうですね(^▽^)

今年モデルのSMS-435も来年もカタログには載るみたいなので3種類のシャツを

自分の好みで選ぶことができるのがいいですね。

最後は鮎ベストです。

20171204_154813

こちらもデザインが変更されてます。チラッと見えるオレンジがいいアクセント

になってます。ファスナーも片手で簡単に開け閉めができるタイプを採用されて

るので川の中で竿を持った状態での仕掛や錨の取り出しに余計なストレスを感じ

ることなくスムーズにできるのは便利だと思います。

とりあえず簡単ですが今わかってる情報を先に紹介させていただきました。最初

にも言った通りこれらの写真は現時点での試作品になりますので発売時は多少の

変更があるかもしれませんのでご了承ください。(^o^)

Share on Google+

関連記事

初雪、初ボート、初エリアトラウト

DSC_0653

気温もグッと下がって寒くなって来ました。ちょうど管理釣り場のトラウトには適水温になっているであろう、この季節。

行って来ました。京都府南部にある、ボートでトラウトが釣れる管理釣り場『通天湖』へ。

この時期、いつも大放流をされるのでホームページをチェックしてみると金曜日が放流、で自分の休みが土曜日!

これは行きたい!しかし、土曜日は子供に左右されるのが常々。とりあえず、お姉チャンに予定を聞いてみた。

「釣り行きたい。」

なんと、親父の思いを知ってか知らずか最高の返答が!ありがとう、ありがとう、どうぶつの森。

ということで向かった通天湖。道中は前日に降った雪で積雪もあり、釣り場も雪景色。

DSC_0641

昼前からスタート。とりあえずキャストを教えるところから始まり、重めのスプーンで広く探りますがマスさんは口を使ってくれません。

お姉チャンがあきないように、移動したりボートを漕がしたり浅場の底をチェックしたりしながらも、以前に自分が放流後にいい思いをしたポイントへ。

これが大正解。1投目からフェザージグにレインボーが、2投目クランクにも。

DSC_0644

さらに1.6gスプーンにも釣れてきて、どうも中層で浮いている感じ。

IMG_20171209_180220_456

お姉チャンもテンション上がって投げるも、木に引っかかったりで、なかなか掛からず。

しかし、ホスト役に徹してコチラが巻いて止めてを教えると早々にヒット!

IMG_20171212_195140_218

その後も掛かる→ばらすを何回か繰り返し、充分楽しんで時間となりました。

結果、お姉チャンも釣れて自分も満足した釣果に良い釣りができました。

「良かったなぁ釣れて。また付いて行ってあげるわ」

と帰りの車で、お褒めの言葉を頂きました。

 

 

 

Share on Google+

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る